フォト

同人イベント

  • Re:HUNTER
    “Re:HUNTER”

PRIMROSEバナー

  • http://misato40499.cocolog-nifty.com/photos/furi/elsibjcu-thumb.gif

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

久しぶりに自分のブログ読み返した。

久しぶりに、訪問者のリンクをたどって行ったら、自分の初めてのブログに

遭遇しました。

忘れてて、何だか面白かった。

今はすっかり感想サイトになっちゃってるけど、その頃は、同人を一生懸命

やってて、絵とかアップしてて、ばかだな~とか(笑)

後から読んで、最近書いたものは、面白いとおもえるのだろうか?

同人、やりたいんだけどな。

明日も、本当は振りのイベントに行くつもりだったんだけど、

急用ができて、だめになっちゃった。

はぁーーーー。

何かいいことないかなあ。

2010年10月25日 (月)

バクマン。感想WJ47号’10

☆106ページ 試合と祭☆

白鳥家が乗り込んで来て、どうなるかと思ったけど、森屋、意外とわかるヤツだった。

お姉さんも、お父さんも、やっぱりシュンくんの味方でしたね^^

(でも、そっか、森屋はお姉さんに惚れちゃったのか・・・笑)

しかしな、「人気作家読切祭」って・・・。

今、ジャンプでやってるやつじゃん(苦笑)

何でもつかうね、大場先生。

平丸さんも、蒼樹さんも連載おわっちゃうわけで、でも、蒼樹さん

思わせぶりだけど、何かあるの?(「永遠に休み」って・・・吉田氏・笑)

そして、祭の話を聞いた愛子!!

こえーよ(苦笑)

そこまでまだライバル視してるのか。。

んで、サイコー、シュージンも、もちろんやるって言い張る。

また、あんまり無理しなきゃいいけど、でも、サイコーは、速く描くコツを、

ちょっぴりつかみかけてるね。

確かに、髪の毛の感じは、アタリだけで描いた方がいい。

あー、どんどん次の展開が出てきて、見逃せない!!!

アニメ、微妙にエピソードの順番が変わってたりするね。

NHKだから?表現も柔らかくなってるし。

石沢のところに、カヤちゃんが出てくるのは、前振りだろうけど、

カヤちゃんが、一応マンガ見る目がある人っぽくなってる(笑)

ところで、連載取ったところまでをアニメでやるとすると、

とても短いのよね。4巻で終わっちゃうし、切るの難しそう。

2期もありなら、いいんだけどね・・・。

2010年10月18日 (月)

バクマン。感想WJ46号’10

☆105ページ 不良品とアタリ☆

134ページのシュージンが、なにげにかっこよいです。

サイコーが一人で描くとか、シュージンは恋太をシュンくんとやるとか、

シュンくんも、マンガで独り立ちするとか、いろいろなシチュエーションが

出てきて、どこの話に行っても面白いですね。

でも、やっぱり、最後は、サイコー、シュージン(亜城木夢叶)の大ヒットアニメで

終わらせないとね。

それにしても、サイコーがマンガを2本描けるようになるのは、

マジでありかもしれませんね。

うーん、下書きを、アタリにして描けるようになったら、すごいですよ。

(それをやってるシュンくんは、かなりな人なんだね)

そういうことが分かるのは、絵を描いてないとダメだと思うので、

小畑先生の案かもしれませんね。

149ページのシュンくんも、すげーかっこよいです。

しかし、白鳥家は、お母さんには頭が上がらないのかな?

お姉さんも、お父さんも、反対してないみたいなのにな。

この二人が、お母さんに意見するってのが、出てくると面白いと思います。

そして・・・お母さん、シュージンに火つけちゃった!!

さーて、来週の展開は??

アニメ。毎回、2,3か所、ものすごく笑えるところが、ある作りになってますね。

他が真剣なシーンが多い中、この笑いが効いてます。(ミウラさんではないが)

ジャンプが、ジャックって・・・それは、すごくショックかも。

なんか、台無しって感じ。。それだけは、許せないわ。

2010年10月 9日 (土)

バクマン。感想WJ45号’10

☆104ページ ステップとウォッチ☆

2作目を描くために、サイコー努力する。

ヒカ碁の時もそうだったけど、実際それほどスピード感のないはずのシーンが

ものすごく、スピーディでかっこよく、スポーツを見ているように描かれてます。

サイコーの、時間を計りながら、下書きをするシーン。。。

超かっこいいね!

箸をくわえてて、カヤちゃんに注意されるシュージンもいいですけど(笑)

・・・しかし、アシの森屋、とても余計な事言った気がする。。

これは、今後の伏線だよね。やな予感する。

そして、白鳥シュンくん。

ついに家をでちゃいましたね。

お姉さんが意外といい人で、よかったな。

ヒッチハイクさせてくれた、おじさんも。

ピースがついてきちゃうのも、なんとも言えない。

ラストのコマの、シュン&ピースは、バクマン。とは思えない、

ほほえましい、ほのぼのなシーンになりました。

(いや、実際、シュンくんは、ひどくピンチなんだけどね)

今日は、アニメの放映もあるよ!

ルンルン♪

2010年10月 6日 (水)

バクマン。感想WJ44号’10

☆103ページ 無駄と挑戦☆

何だか、みんなで2本描くとかって感じになってきた??

サイコーは、ストキンの人と組んで、新しいマンガを描いたりして。。

絵描きが足りないって、前振りがあったし。

でもね、夢としては、亜城木夢叶でアニメ化だからねぇ~。。。

まあ、何とか、打開策を打ち出せれば、シュージンもサイコーも、それぞれスキルアップして

再度タッグを組めば、もっと完璧なものが出来上がる・・・??

・・・真剣にマンガを描いているサイコーは、かっこいいです。

真剣だからこそ、白鳥くんに、強い言葉を発したんですね。

白鳥くんは、連載になっても、やっていけるのかな?

シュージン抜きでは、無理だろうな、シュージンが、どこまで係わるのかわからいけど。

コミックス9巻、10巻、まだ買ってないんですよ。。

買わなきゃですね。

もう、マンガだらけで、置く場所がないんだけど。。

バクマン。は特別好きな作品だし、8まで集めたから・・・。

そして、私も原稿したい・・・。

2010年10月 4日 (月)

(アニメ)バクマン。第一話「夢と現実」

いよいよアニメ、始まりましたね!

OPで、ぎょっとさせられ、笑わされました。

あの一回のために、ヒーロー伝説のOPを作ったのでしょうか?(笑)

NHKで放映ということで、どのくらい規制がかかるか心配ですが、

とりあえず、デスノートとか、ドラゴンボールとかは、言えちゃうんだ(笑)

ちょっと安心しました。

作画は、丁寧にされていて、音楽なんかも不自然さはなく、いいと思うんですが、

やっぱり「サイコー」のイントネーションが!!

これから半年、思ってたのと違うイントネーションを聞かされるんですね(泣)

(コー、の部分は下がって欲しいです)

ストーリーは、本当はとてつもなく突飛なものなんだけど、

リアルに描かれてると、突飛さは全然感じられません。

いきなり、亜豆にプロポーズして、彼女がOKしちゃっても。

シュージンもいいキャラだし。

これからが、楽しみです。

・・・というわけで、アニメの前にコミックスを読み返したりはしません。

少し忘れた状態で観るのです。ふふふ。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ