フォト

同人イベント

  • Re:HUNTER
    “Re:HUNTER”

PRIMROSEバナー

  • http://misato40499.cocolog-nifty.com/photos/furi/elsibjcu-thumb.gif

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

アニメおおきく振りかぶって第5話「野球やりたい」

Mihashi14001 さてさて、今回は花井君活躍!でしたね。

みんな、競う相手がいた方がいいよね。

かく言う私も、マンガ描く時は、競う相手がいた方が

いいものができます。

花井君が、(じゃあ、田島は誰と競うんだ?)ってとこ、よかったです。

田島君は、田島君なりの競い方、競う相手があるってわかったよね。

コールドがかなって、西浦は4回戦に進み、崎玉は、負けた。

イッチャンが、かわいそうで(それだけ?)イッチャン、一度描いてみたい。

今回は、ものすごく久しぶりに、三橋描きたくて、昨日描いちゃった。

(ので、ラフですがアップしときます)

私は、OPで泉がキャーーーッチするとこが大好きです(どうでもいい)

次回は、あの電車のシーンなんかもあるみたいで、とても楽しみにしとります。

振り~~~!!

「夏空」いいですよね、6月9日発売!まだまだだね。。

2010年4月28日 (水)

バクマン。感想WJ21,22合併号’10

☆83ページ スパイと次回☆

笑える今回でした。

真剣に笑いをやってました。

服部さんのハガキは、住所をみるためのものだったんですね。

てっきり、何かヒントでもあるのかと思った~。

うう、何か、頭がはっきりしなくて感想が上手く書けません。

後で直すか、何とかしたいです。。。

HUNTER×HUNTER感想WJ21、22合併号’10

☆№306 安堵☆

いやだ。

あんなのゴンじゃない。

以上。

2010年4月23日 (金)

おおきく振りかぶって第14巻

すっごい・・・。

コミックス派なので、初めて読む話ばっかで、何という贅沢。

誰もそばにいなかったら、泣いていただろうな。

ああ、アニメの感想も、ろくに書けなかったけど、これも・・・書けないかも。

なんて、なんて素晴らしい物語?いや球児たちの青春。

話が、進んでいくうちに、(負けちゃうことは知ってたのに)

もしかして、もしかしてって、胸がきゅんとなっちゃって。

西広くんの応援の時、もうたまらなかった。

試合が終わった後、西浦の試合結果が出て、そこに松葉杖をついた

阿部が来て、三橋が、なんともいえない表情をする。。

ああ。

終わっちゃったよ。

でも、モモカンは強い!

シガポの言葉は、泣いた方がいいってこと?

(ちょっとそこが分かりにくかった)

あと2カ月待つと、また続きが読めるわけですね。

もう、アフタを立ち読みなんて、せこいことはやめとこうかしら。

ひぐち先生、素敵なマンガをありがとう!!

って、終わるわけではありません。。。

アニメおおきく振りかぶって第4話「野球シンドイ」

前々から、書こうと思っていたのだけど、今回夏の大会編は、OPのアニメが

すごくいいですね。

コミックスの表紙イラストが、だだだ~っと動きだす感じ??

誰が、表紙をOPにしようなんて、考えたんでしょうね。

歌もいいし、何度でも見たくなります。

さて、崎玉戦ですが、さっき14巻を読んじゃったので、その感動が・・・(汗)

イッチャン好きなのは変わらずです。

そのしんどいピッチャーを、大好きで誰にも譲れなくて、続けてる三橋。

なんか、余計愛しくなりますね。

その三橋が、「たじまくん、がんばれ!」ってとこ、なんか泣けそうだった。

花井のぐるぐるも、イッチャンの涙も、大地のあほも(ごめんね~!)

スピード感も、全てが、感動です。

原作読みながら、アニメも見ると、最高でしょうね。

・・・だめだ!14巻の感想に行きます!

(後で書きなおすかもです。どうしても14巻の感想が書きたい!)

どうでもいいことですが、振りの感想は、青系の色で書くことに決めてます。

2010年4月19日 (月)

名探偵コナン:天空の難破船

うん、面白かったんだけど、「あーっ、観た観た!面白かったー」って

心から思えるのは、前作の「チェイサー」の方かな。

やっぱり、組織がらみが、コナンな感じなのかもしれない。

おっちゃんのセリフは、あまりありませんでしたね。

やはり、神谷さんから、急に変わるというのに、違和感があると、

制作側も思ったのでしょうか。

キッドさまは、大好きなので、それはうれしかったです。

飛行船から、いたいけな(?)子供を放り投げるなんて、ひどいこと

されたコナンくんを助けてくれましたし。

でもなーーーー。

ラスト、蘭が、「新一じゃない」って気付いたとこ、あれ、キッドわざとかな?

見てすぐの時は、キッドは、弥勒かーって思いましたが、

今冷静に考えると、あれはわざと・・・だったと思った方が自然化と。

でも、カリオストロになるところでしたねー(笑)

面白かったのは、哀ちゃんが、ケータイを「私、持ってない」と

超ぶりっこして、即コナンに連絡取ったとこ。(あれはバッチだったと思ったけど)

林原めぐみさん、マジで素敵でした。

さてー、今回は、特にネタばれは書いてないと思いますが、??

期待されてたら、ごめんなさい。

最後でコナンが相変わらず、怪我だらけになって可哀そうとは、思いましたけど

わーーーっと、って感じではなく、全編、わくわくして観ていられた作品だと

思いました。

もう一回くらい、観たいかも^^

Conaneiga002

バクマン。感想WJ19号’10

☆82ページ ヒントとベスト☆

センターカラーなのだが。

珍しく、パステルチックですね。

小畑さんも、バクマン。でいろいろ試してる感じがするな。

ギャグ多いし。

「ラッコ」が深夜枠で放送ってのが、笑えました。

平丸さん自体が、シリアスなギャグですね。

もう・・・亜城木夢叶がどんなふうに、作品を創っていくかは

ちょっとくどい気が、しないではないんですが、

すんなり行っちゃうわけにもいかないしね。

ここで、何か目新しい展開がほしいところです。

服部さんのはがきがそうなのかな??

HUNTER×HUNTER感想WJ19号’10

☆№305 残念☆

ひゃわわ、ゴンがどんどん黒くなる・・・。

キルアとゴンが、以前と立場逆転??

私は、キルアが何だか心配。。

冨樫さん、ざざっと描いてるところも多いけど、今回はそれが効果的。

ハンタ、盛り上がってます。

キルア・・・キルアが行っても、ゴンをどうにかできるのかな?

こんなに盛り上がってるところで、休載とかしたら、許されないよね。

本当に、今、ハンタが面白い!

蟻編、こんな風になるなんて、誰が想像したでしょうか。

結局、ピトーもプフにおどらされてるんだよね?

うわーー、な展開です。

2010年4月16日 (金)

アニメおおきく振りかぶって第3話「3回戦」

ほっ・・・。今週も無事に観ることができました。

深夜枠って、リアルタイムでは観られないから、時間変更とかないかと

ドキドキしちゃうのよね。

今回も試合の様子が、丁寧に描かれていました。

あー。三橋、一生懸命だね。かわいい。

あんな息子がいたら、心配で外に出せないわ・・・って違うか(笑)

それにしても、阿部役の中村さんは、ほんっとに阿部に声が合ってますね。

私も阿部君に、大声で話されたら、びびること、間違いありません。

大地も、いっちゃんも、いいですね(崎玉側ですが)

相手チームも、しっかり描いているところが(作者が感情移入している)

このマンガの面白さでもあるわけです。

母たちの、応援も「ばんらばんら」感がたまりません。

阿部母と、三橋母のご挨拶、素敵です。

さて、取りとめなくなりましたが、来週へ向かってGO!!

2010年4月13日 (火)

HUNTER×HUNTER感想WJ19号’10

☆№304 魔法☆

キ・・・キルアがかわいすぎる。

このキルア見ただけでも、私は満足。

パームとキルアが、仲良くなるなんて、「クソガキキルア」とか言ってた頃からすると

嘘みたい。キルアは、素直なよい子なんだよ、本当は。

ピトーの変化は、どうなんだろう?

私には、よく読みとれない部分があったけど、カイトは、本当に死んでるのかな。

あの白いページは、すごく意味があるのだけど、(最近は描きこんでる冨樫さんだから)

ピトーは、魔法にやられてるよね?うーーーん。

ゴンもどうなっちゃうんだろう?

なんか、彼はもう誰の手にも負えなくなったんじゃないかと。

キルアが、体を張って、ゴンを受け止めるか。

しかし、なんだね、なんでこんな後ろにきてるのかな。

リリエンタールの前って。

ま、後ろ定位置ってのも、ハンターの場合は、悪くない。

バクマン。感想WJ19号’10

☆冒険と口説き 81ページ☆

なんか、ストーリー展開が、どんどん早くなっていきませんか?

巻き状態にはいっているのでしょうか?

上を目指すにしても、限りがあると思っていたのですが、

「全部」をやるんですねぇ。

やっぱり、服部さんが、一番サイコーとシュージンのことわかってる。

「全部」を入れたマンガ、どんなものになるんだろう?

楽しみですね。それ、読ませてほしいです(byエイジ)

愛子は、しょーもないですね。

愛子から、崩れてくれそうなんですが。

結局、バトル、王道、邪道、ファンタジー、ぜーんぶの要素が

描ける作家、亜城木夢叶、ということになるんでしょうね。

終わりは見えてるけど、過程が見えないマンガってのも(バクマン。のこと)

なかなか興味深いものです。

2010年4月 9日 (金)

アニメおおきく振りかぶって第2話「崎玉」

いや、いっすねー。。。

んでもって、ぽんぽん話が進みますねーー。

おお振りは、阿部がどんなに怒鳴ろうとも、三橋がぐるぐるしようとも、

ほのぼのして、わくわくして、どきどきするアニメです。

それにしても、2話は、1話に比べて、原作の消費量が半端ない!

こんなに飛ばして大丈夫なのか??

毎月単行本出さなけりゃ(苦笑)

ひぐち先生も、単行本作業に追われて休載続きなのでしょうか。

確かに観ていて、話がスムーズに進むので、うれしいんですが、

単行本、追いついちゃいますよねぇ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アニメは、キャラの描き分け(見た目の)が、ものすごくわかりやすいですね。

マンガだと、あれ、これ誰?って思うこともちらっとあったりなのですが、

アニメは、声がついてるし、絵がすごいです。

特徴ばっちりです。

花井がいいな、沖もいいな、もち田島も・・・ああ、みんないい。

次回は、崎玉戦ですね。

楽しみだなぁ。。。

2010年4月 5日 (月)

HUNTER×HUNTER感想WJ18号’10

☆№303 痛み☆

ううーん、さすがだ、冨樫せんせ!!

悪魔の策、いいね。

プフ、悪いね、ほんと悪いやつ(笑)

「疾風迅雷」のところの、キルアにぞくっとします。

ゴン達は、ペイジンに着いたし、ああ、もう待てない次号。

カイトは治るのかな?

治せなかったら、ゴンはピトーを倒そうとする?

それより、治せない、なんて許さないかな。

うはは、たまんないです。

感想短くてすみません。面白すぎて、ぐるぐるしちゃうんで・・・。

バクマン。感想WJ18号’10

☆80ページ 見ためと挨拶☆

相変わらず面白いです。

なんかいい方に転んできた?

KTM、簡単に連載会議落ちたけど、二人には、まだまだ上を目指せるんだね。

そして、服部さんとミウラさんの二人、どうなるのやら。

会議落ちても、全然平気?

うんうん、がんばれサイコー、シュージン!!

静河流、インパクト強かったな。

タントの行き詰まり感が、うそのように、今はぱあっとしてるね。

ギャグやってる時は、重くて、えぐいのやる時は、明るい。

それも計算なのかなー??

2010年4月 2日 (金)

アニメ「おおきく振りかぶって」第一話「次は?」

わほー!!うう、よかったです。

OPテーマもなかなかいい曲だし、(シングル買うよ!)絵もすばらしい。

丁寧で、心和む色彩の振りアニメは、本当にいいです。

一期と比べて、違和感が全然ないし、第一、音楽が一緒だよ!

普通、CD売るためか、BGMが新しくなっちゃうことが多いじゃないですか。

それを、振りアニメはー、一期と同じ音楽で楽しめる。

もちろん、新しく書き下ろしてはいると思いますが、予告編なんかがおんなじだと

本当に、「振り、帰って来たんだな」と涙する思いです。

これから、半年、ゆっくり楽しませてもらいます。

むっふっふー♪ふりっこ、みんな大好きだよ~~~♪

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ